MENU
お問い合わせはこちら

FAQ

離婚カウンセラーを副業にする方が多いと聞いていますが、講義を受ける度に本業にできたらいいなという思いが強くなります。本業にできるでしょうか
本業にするということは目標の収入を得て、それで生計を立てるということですね。ただ、人の悩みを聞くことが好きとか、カウンセラーになりたいという気持ちだけでは本業として収入を得るところまでにはたどり着けません。相談者に来てもらうための広告戦略(HP、ブログ、フェイスブック、ツイッター、チラシ、名刺を作って交流会参加等)や、集客の努力をコツコツとやり続けることが大切です。すぐには成果がでないかもしれませんが、途中であきらめずに収入を得るためにやり続けてください。その結果、本業にしている卒業生がたくさんいます。
NPO法人日本家族問題相談連盟認定離婚カウンセラー試験の概要について教えてください。
NPO法人日本家族問題相談連盟主催の認定試験になりますが、年3回行っております。
試験については、筆記試験(選択式・記述式)となり、口頭・面接試験等はありません。
受験方法については、会場受験と在宅受験があり、会場での受験が困難な場合、在宅受験をお選びできます。(合格基準点:会場受験 70点以上  在宅受験 80点以上となります)合格率は83%以上となっており、高い合格率を誇っています。
離婚経験はございませんが、離婚経験がなくてもこのお仕事はできますでしょうか?
離婚や辛い経験をしていないと良いカウンセラーになれないというわけではありません。自分の周りでそのような経験をした方がいたり、相談者の辛い思いを自分のことのように理解し肌で感じることができるかどうかということです。
相談者には、離婚を経験していないカウンセラーを指名したり、相談者が、男性の気持ちを知るため、男性カウンセラーを指名するケースもあります。
カウンセラーの仕事をする上で大切なのは、相談者がどうしたら今より幸せな人生を選択できるかを考えられる。学んだ知識、集めた情報、そして自分が生きてきた経験をふまえて、アドバイスすることです。
主婦ですが子育てやパートの仕事をしながらでも離婚カウンセラーの仕事は出来ますか?
離婚カウンセラーの仕事の良いところは、働く時間や場所、金額を自由に決められるということです。現在は面談だけではなく、メール相談や電話相談、スカイプ相談などで活躍しているカウンセラーもいます。
要は、少しでも役に立ちたい、少しでも働いてみたい、という気持ちをお持ちの方なら大丈夫です。
男性でも離婚カウンセラーになれますか?
最近は男性の相談も増えて、男性の視点からロジカルに相談者の悩みを解決できる男性カウンセラーもとても求められています。現在は、相談者の男女比が約半々です。女性相談者にとっても、ご主人様と同じ男性であるカウンセラーの意見は、時として大きな解決の糸口となる事もあります。そして、男性の離婚相談という仕事に対する取り組み方や、覚悟は真剣な方が多いので、ほとんどの男性卒業生は本業としてまたは、本業のサポートとしている方が多いのが特徴です。
離婚カウンセラーとして仕事をする際は、面談室やオフィスが必要ですか?
相談者の方が話しやすく、プライバシーが守れる環境であれば相談の場所はどこでも問いません。
実際には、時間貸しのレンタルオフィス、会議室利用の方、おしゃれで落ち着いたラウンジや喫茶室を利用している方も多いです。
通学コースの講義を欠席した場合は、どうすれば良いのですか?
ご欠席した場合は、講義を収録したものをオンラインにて視聴(期間は次の講座開始まで)ご受講いただけますので、休んだことも苦にならないくらいしっかり学べます。
地方での開業や就職のサポートなどはどうなっていますか? 東京や大阪・名古屋のように都会でないと開業は難しくないですか?
地方での開業も可能です。地域密着で活躍されているカウンセラーも多数おられますし、自治体の相談窓口などで活躍されている例もございます。
またサポート体制としては、メールやお電話でもご相談にのる事もできます。NPOにて勉強会、動画配信がありますし、予約制とはなりますが、開業に関しては随時開業セミナーや集客講習会など行っております。詳しくはNPOのスタッフにお問い合わせください。
私も離婚を経験したので、離婚カウンセラーの必要性を痛感しました。でも、実際の所「離婚カウンセラー」として仕事はあるのでしょうか?
日本の離婚件数は217,000件(2016年)となっております。これだけの夫婦が毎年離婚している昨今、悩む夫婦はその何十倍ともいえるでしょう。ほとんどの相談はどうしたらやり直せるのかを依頼してくるのです。最近では有料でカウンセリングを受けることにも抵抗がなくなっているようですので、需要は増えています。
そんな理由から、独立開業している方もたくさんいますし、弁護士をはじめとする士業のスタッフ、カウンセラーや探偵事務所、大手企業による電話相談員としてなど、多く募集をいただいています。
卒業後、岡野あつこ先生の相談室で働けますか?プロのカウンセラーに成るには、1番勉強ができると思っているのですが、働けなくてもインターン制度のようなものはないでしょうか?
必ず働けるというものではございませんが、個々に努力して勉強し、経験を積んだ卒業生が、今現在カウンセラーとして活躍しておりますし、最近はこの信用と実績を認められて、大手企業から電話相談員としてオファーを多数いただいています。
離婚カウンセラーは、教科書からは学べない様々な経験や知識、そしてコミュニケーション能力を必要としています。だからこそ学ぶことの持続が必要不可欠で、インターン制度ではありませんが、資格取得後の勉強会やセミナー、キャリアカウンセラーによるカウンセリング指導などを「NPO日本家族問題相談連盟」で行っておりますので、是非ご参加してください。
医師や弁護士のような国家資格ではないのに、社会的に効力はあるのでしょうか?
確かに国家資格ではありません。しかしながら、需要が多く世の中に必要な民間資格、そして社会的に影響力のある民間資格もたくさんあります。例えば、「コーチ」「NLP心理カウンセラー」「医療事務実務士」なども実は民間資格なのです。国家資格だから社会的に効力があって、民間資格だから社会的に効力がないと言う解釈はナンセンスです。
「離婚カウンセラー資格」は離婚カウンセラー、夫婦問題カウンセラーとしての専門知識を一定量有し、プロのカウンセラーになるべく、基本的な準備が出来ていると認定された者に、資格を与えています。そして何より、夫婦問題、離婚問題で悩み、困った時に一番先に必要とされる仕事です。社会的にも胸を張って提示できる資格といえます。
地方に住んでいるので、通信講座を考えております。通信講座の場合は、岡野先生直々の授業は受けることが出来ないのでしょうか?岡野先生の授業を直接受けることが、この講座の最大のメリットのように思うのですが・・・如何でしょうか?
今までご要望は多かったものの実現できなかった、岡野あつこのここでしか言えない!通学講座そのままをオンライン授業とした講座をスタート致しました。
一人だからとわからないことをそのままにしないために、マンツーマンでインストラクターが指導にあたる「在宅」「オンライン」「マンツーマン」講座です。
スクーリング形式でライブ講座にも参加可能です(一部有料)。
資料請求 資料請求は24時間年中無休で承ります 電話で問い合わせる 電話によるお問い合わせは
平日 10:00~18:00までとなります
© copyright 2017 「離婚カウンセラーの資格」-話題の養成講座で資格を取得しよう!.All Rights Reserved.
資料請求お電話はこちら 0120-40-4122